日焼け対策しよう

日焼けがひどい時の対策って?

夏になるとやっぱり水が恋しくなってしまいます。暑くなってくるとプールや海の事をどうしても考えてしまいますよね?特に、新社会人や学生といった若い方は、友人と連れ添ってプールや海に出かけるという人が多いでしょう。

 

これは人の好みにもよりますが、私は断然海派です!

 

塩で体がベタベタするのが難点ですが、ビーチで色々と楽しめるのが海の素晴らしい所です。海に入らなくても水辺で波を楽しんだり、砂浜で貝殻を拾ったりと色々な楽しみ方が出来ますよね。この点がプールにはない魅力と言えるでしょう。

 

しかし、ここで注意しないといけないのが、日焼けの問題についてです。特に男性と違い女性はかなり紫外線の対策に頭を悩ませているでしょう。もちろんどれくらい日焼けしてしまったかにもよりますが、肌が赤くなってしまい炎症となって痛みまで出てしまうということも良く起こりますよね。肌の白い人なんかは慣れっこになっている方もいますが、治りが遅かったりと色々と厄介ですよね。

 

でも、海水浴にいって日焼けしないというのはほとんど不可能とも言えますよね。もちろん日焼けをしないための対策は大事ですが、それより大事なのは日焼け後のアフターケアのほうです。海水浴にいった場合は重点的にアフターケアを行い日焼けによる肌へのマイナスの影響を食い止める必要があります。

 

といっても、それほ難しく考える必要はなく、少し赤くなってしまったり、薄く皮がむけるといった比較的軽度の日焼けなら何の問題もありません。しっかりと保湿ケアをしてあげればOKです。その際は肌をしっかりと冷やす事も重要です。

 

日焼けで診察が必要な事もあります

しかし、ここで問題なのは水膨れを起こしてしまうほどの強い痛みの出る重度の日焼けです。この場合は自己流でのケアは意味がないばかりでなく、逆に症状を悪化させてしまう恐れがあるので注意が必要です。しっかりと病院で診察を受けて適切な処置をしてもらうようにしましょう。また、その場合は絶対に水膨れを潰さないようにしておきましょう。

 

病院にいった場合は、大体の方が薬の処方で終わりますが、中には点滴治療が必要となって入院までしてしまうという場合があります。日焼けにしてはちょっと大げさだと思ってしまうかもしれませんが、日焼けはやけどの一種ですので、全身がやけどの状態になっていると考えればどれだけ危険な状態なのかが想像できるのではないでしょうか。実は日焼け時はとても体に負担がかかっているのですね。

 

日焼け程度で病院なんて行きたくないと考えるのも良く分かりますが、自己流の治療では症状を悪化させてしまう危険性があります。日焼けの状態が辛い場合は一度診察を受けるようにしましょう。